プライドが邪魔してはFXで勝てない

プライドが邪魔してはFXで勝てない

プライドが邪魔をしてなかなかFXで勝てなかった・・

その際、生徒さんたちはいいづらそうに、「先生はボリンジャーバンドとかは見ないのですか?」「MACDは使わないのですか?」などという質問をぶつけてきます。

 

しかし、私は自身でFX教室なるものを開いていたり、そこで先生などと呼ばれているという余計なプライドが邪魔して、生徒さんたちの声に素直に耳を傾けることが少なかったような気がします。

 

教室を開いてから長い問、トレンドラインや水平線のみにしていました。それでも、そのようなことをいってはいられない状況が起きました。

 

2014年1月〜7月の低ボラリティ時代です(時代といっても半年ですが)。この頃は、およそ半年間、為替相場に大きなトレンドが発生することなく過ぎてしまいました。しかし、生徒さんはやってきます。私はようやく、今まで見ていなかったテクニカルにも目を向けるようになりました。

 

FX比較の王道
最新2016年ランキング形式でFX業者の選び方もご紹介。先輩FX投資家の ... 有名な 人気FX業者、証券会社を比較してスタート; 極狭スプレッドのFX業者、証券会社で選ぶ なら! 少額資金スタート ... 有名な人気業者をFX比較ランキング(評判・口コミ情報も)fx-ranking.club

最新のFX情報

今晩は注目ポイントが多い。中でも、米小売売上高とバーナンキFRB議長の証言は大きく注目されるだろう。小売売上高の事前予想は、コア指数で前月比0.5%増と、高めの伸びが予想されている。雇用環境は安定性を取り戻しつつある状況を踏まえるさほど無理のある予想とは思えないただ、事前予想を上回る伸びを期待するのは、やや無理がある。米国の個人消費に対する期待が高まっていることから結果が事前予想程度の伸びだと、ドル買いの勢いはさほど強まらないだろう。むしろ、事前予想を下回る伸びが示された場合のドルの失望売りに注意したい。

バーナンキFRB議長の証言では、期待が高まる米利上げの可能性に関する内容が注目される。FRB当局者は一部を除き、景気の先行きに対して慎重な姿勢を示しているため、バーナンキFRB議長が利上げに積極的な姿勢を示すとは考えにくい。ただし、民間部門での雇用環境の改善を背景にバーナンキFRB議長が、利上げに対する姿勢を変化させる可能性も否定できず、証言内容がドル買いにつながる展開もありえる。


ホーム RSS購読 サイトマップ